福住地区まちづくり計画づくりへの参画

ご無沙汰しておりました。代表の橋田です。


福住では、ただいま、「計画づくりワーキングメンバー」という委員会を中心として、地区全体の計画づくりを進めています。
福住地区の各集落の住民まちづくり協議会の役員さん、福住ファン、自然界代表のサルに加わり、神戸大学の学生もこのメンバーとして関わらせてもらっています。

ユース六篠としても、代表の橋田が参加させてもらっています。

 

この図は、

9/5(木)の委員会と、9/22(日)住民対象のワークショップを行った結果、福住のまちづくりについて集まったたくさんの意見をまとめたものです。

※内容がかぶっているもの以外は、すべて網羅しています。

 

今は2月末の計画案発表に向けて、アンケートにより住民の意見を募集しているところです。

 この図は、大きなポスターになって福住のコミセン、さんばやにも掲載しています。

これからのまちづくりで取り組みたいこと、福住こうなってほしいなあ…という思いを、ぜひ書き込んでみてください!

 

以下の、15の項目を軸に、計画づくりをすすめています^^ 

 

福住まちづくり計画 15の項目(案)

①生活を支える拠点と助け合いの仕組をつくる
②世代をつなぐ学びの場をつくる
③いろんな計画をつくり続ける、やってみる
④地域の仕事を継ぐ・創る・支える
⑤情報を共有する、発信する

 

⑥たくさんの生き物の暮らしを守る
⑦きれいな山と水をつくる・使う
⑧風が抜け、星空が広がる、静かな空間をつくる
⑨食べ物とエネルギーを地産地消する
⑩環境に優しい乗物を使う・開発する

 

⑪さまざまな団体・地域と連携する
⑫歴史と文化を磨く・伝える
⑬美しい町並みとあぜ道をつくる
⑭世界と交流する“新しい宿場町”づくり
⑮バリアフリーやインターネットで活動が広がる

 

 

住民皆さんで進めていく、まちづくりにしたいですね^^

今後の福住に期待です!